banner


クロスフロータイプ冷却塔wpe55.jpg (19050 バイト)

熱交換部の充填物に上部から温水(循環水)を、両サイド
より外気を流入させ、温水の蒸発潜熱を外気が奪い、
温水を冷却するものです。
水と空気がが十字型に接触することから直交流型(クロス
フロータイプ)と呼称しております。

この直交流型の特徴は、
(1)塔上に散水装置が開放式になっている為、異物の除去
  清掃等が容易になっております。
(2)冷却塔の側面がルーバー付きの開放式になっています
  ので、充填物の状態が容易に点検・確認ができます
(3)塔内に点検歩廊が設置されているので、運転中の保守 
  点検ができます。